第24回 JABI Salonのお知らせ

この度、JABI Salonを開催する運びとなりましたので、お知らせいたします。

■日時: 2019年2月1日(Fri) 午後6:00-

■場所: Innovation Matrix,Inc., 3080 Olcott St., D234, Santa Clara, CA 95054

■講演:第一部「日本の農業とテクノロジー」、第二部「 CFD(数値流体力学)による植物工場内環境評価」

■講師:吉渡  匠汰 氏、東海林 孝之氏(豊橋技術科学大学環境・生命工学系講師)

■概要:

第一部「日本の農業とテクノロジー」
3Kと呼ばれ、年々農業従事者の減少・高齢化が進んでいる日本の農業では、農作業の効率化や自動化が求められている。
その内容としては、個人農家が統計学の知識を用いて効率のよい栽培を行うものから、LED光や人工の二酸化炭素を用いて建物の中で野菜を育てる完全人工光型植物工場まで様々である。
また、海外に目を向けると、農業の技術で有名なオランダでは農家・企業・大学が連携し、施設園芸や農法に関して研究や実用化が行われている。日本でも農業に参入する企業が増えてきており、ますます農業の工業化が進んでくるものと思われる。
第二部「CFD(数値流体力学)による植物工場内環境評価」
近年、植物工場にはセンサーをはじめとしたさまざまな技術が導入され、農業従事者の経験と勘に頼っていた環境制御をデータに基づいたものに移行する流れが大きくなっています。環境制御の目的は植物工場内の環境(気温、湿度、気流、CO2濃度等)を均一に保ち、作物の安定生産および品質を維持することですが植物工場内の環境要素の詳細分布を知ることは一般的には困難です。このようなことから研究では上記環境要素の詳細な分布をCFDにより予測し、均一化するための方法を調べることを主にしています。発表では強制換気型ハウスの気流
・熱環境解析を例として取り上げ、今後どのようなことを行いたいかなどもご紹介したいと思います。

■講演者略歴:
吉渡  匠汰 氏
2012~2017   福島工業高等専門学校 物質工学科
2017~2019予定 豊橋技術科学大学 環境・生命工学課程

東海林 孝之氏(豊橋技術科学大学環境・生命工学系講師)
2004                博士(工学)学位取得(豊橋技術科学大学)
1988〜1991 
日本無線株式会社 システム情報技術部員
1998〜2001 
株式会社理研分析センター分析試験部 分析技術員
2006    
独立行政法人産業技術総合研究所 特別研究員
2007    
独立行政法人建築研究所 重点研究支援協力員
2007    
豊橋技術科学大学エコロジー工学系 助手
2010    豊橋技術科学大学エコロジー工学系 助教
2012     豊橋技術科学大学環境・生命工学系 講師

参加費用:
JABI会員(無料)、学生($5)、一般($10)

講演の後、午後8時より簡単な新年会を開きたいと考えています。会長の挨拶に続き、夕食を食べながら、親交を深めてもらえばと考えております。夕食はこちらで準備いたしますが、DrinkなどDonationのVolunteerも大歓迎です。

参加申込み方法:

以下のリンクよりお申し込みください。 当日、会場では支払いの受付はいたしておりませんので、事前にオンラインでの登録・お支払いを済ませていただきたく、よろしくお願い致します。

なお、ご参加登録後の返金には応じかねますので、どうかご了承ください。

https://jabi-salon23.eventbrite.com

お問い合わせ : info@jabi-sv.org

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top